読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAYFIELDブログ

スポーツの最新情報をお届けします

楽天のハーバード大学卒の超インテリ投手、フランク・ハーマンが入団。日本の東大プロ野球選手も紹介。

f:id:playfield:20161122215722j:plain

楽天に入団したフランク・ハーマンについて考察した記事です。
ハーバード大学についての情報やプロ野球に在籍していた東大卒の投手についても紹介しています。

playfield.jp

楽天が、新外国人として、今季フィリーズでプレーし傘下3AリハイバレーをFAになったフランク・ハーマン投手(32)の獲得に動いていることが21日、分かった。ハーマンは主にリリーフとしてメジャー通算109試合に登板した右腕。そして名門ハーバード大卒という経歴の持ち主で、異色の“秀才助っ人”が加わることになりそうだ。
 ハーマンは193センチの長身から最速97マイル(約157キロ)の速球を投げ下ろす右腕。2010年にインディアンスでメジャー初昇格すると、主にリリーフとしてメジャー通算109試合に登板。今季はフィリーズでメジャー14試合に登板し、3Aでは27試合で6勝1敗、防御率1・72と安定した数字を残した。
 今季の楽天は、試合終盤にリードを守りきれない試合が目立ち、ブルペンの強化は急務でもあった。実績も備えたリリーバーとしてハーマンに照準を定め、球団関係者は「最有力候補のひとり」と話した。契約は大筋で合意に達しているものとみられ、今月中にも正式発表される見通しだ。
 何と言っても注目すべきは、ハーマンのインパクト特大の経歴だろう。世界に誇る名門・ハーバード大を卒業した“超インテリ助っ人”で、専攻は経済学。大リーグ公式サイトによると同大出身の大リーガーは、ハーマンで16人目。異色の知性派右腕の入団は、話題を呼びそうだ。

 2年目を迎える梨田楽天の来季投手陣は、先発陣に西武からFA移籍した岸が新加入し、則本と“ダブルエース体制”を敷く。中継ぎ陣もハーマンを加え、4年ぶりのV奪回へ、着々と補強を進めている。

エメリヤーエンコ・ヒョードルがベラトール(Bellator)参戦決定!UFC移籍はせず、マット・ミトリオンと対戦。

格闘技

f:id:playfield:20161121180128j:plain

2000年代に総合格闘技イベント「PRIDE」で絶対的な強さを誇り「人類最強・60億分の一」と呼ばれたヒョードルですが、PRIDE消滅以降の総合格闘技では苦戦を強いられてきました。

ストライクフォースでの3連敗の後、ロシア国内の大会を持って引退。
復帰はないものと思われていましたが、昨年2015年のRIZIN旗揚げ戦で電撃復帰を果たしています。

2016年にはUFC参戦かと噂されていましたが、マルドナドに苦戦を強いられてことで、その噂も立ち消え、このタイミングでベラトール参戦が決まっています。

対戦相手はUFCをリリースされ、ベラトールに参戦後2連勝しているマット・ミトリオンです。
パワフルな打撃は脅威で、ヒョードルを食ってしまうかもしれません。

そんな試合の展望を詳細に綴った記事が以下になります。
興味がある方は是非チェックしてみて下さい。

playfield.jp

マレーがジョコビッチを破って悲願の世界ランク1位確定!ATPファイナル2016結果速報

テニス

f:id:playfield:20161121092154j:plain

11月20日に行われたATPツアーファイナルの決勝戦で、マレーがジョコビッチをストレートで破ったことで、自身初のATPファイナル優勝、そして年間ランキング1位でシーズンを終えることになりました。

これまでジョコビッチ一強と言われていましたが、後半からは失速し、代わりにマレーが台頭してきました。

BIG4の中では最も地味と言われていたマレーですが、来年以降はジョコビッチのように頭一つ抜けた存在になるかもしれません。

以下の記事で、その経緯を詳しく紹介しています。

playfield.jp

新生K-1のライト級王座決定トーナメントおよび「大雅vs卜部弘嵩」による因縁のタイトルマッチが決定!

K-1 格闘技

f:id:playfield:20161120221346j:plain

11月20日(日)の会見で、2017年2月25日(土)に開催される、「K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~」の対戦カードが発表されました。

新設されたライト級の初代王座決定トーナメントの出場8選手と、スーパーフェザー級のタイトルマッチが発表されています。

ライト級には卜部功也やゴンナパー・ウィラサクレックといった実力者が、スーパーフェザー級のタイトルマッチでは因縁の「大雅vs卜部弘嵩」が決定しています。

そんな見所満載の大会について、こちらの記事で詳しく紹介しています。

playfield.jp

イ・ボミが2年連続賞金女王確定!韓国女子ゴルフがこれほどまで強い理由。

ゴルフ

f:id:playfield:20161120175647j:plain

11月17日~20日に欠けて行われた大王製紙エリエールレディスオープンの結果を受けて、イ・ボミがが昨年に引き続き賞金女王に輝いています。

イ・ボミは昨年男女含めて初めての賞金2億円を突破して賞金女王に輝いており、最も人気の高い女子ゴルファーです。

また日本の賞金女王のTOP10のうち5人が韓国選手が占めるなど、女子ゴルフの韓国人選手の台頭は目覚ましいものがあります。
その理由について以下のリンクで詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

playfield.jp

中村俊輔をジュビロ磐田が獲得オファー!名波浩との黄金コンビ復活なるか

Jリーグ サッカー

f:id:playfield:20161120134025j:plain

中村俊輔といえば日本を代表する天才レフティーで、2度のJリーグMVPに輝いています。
最近は怪我がちで出場試合数も減ってきていますが、円熟味をましたプレーは今なお健在です。

そんな中村俊輔に対して、ジュビロ磐田が獲得オファーを出しているとのことです。
かつてJリーグを席巻した王国磐田の復権に向けて、補強の中心選手として考えているとのこと。

かつて名コンビだった名波浩とは監督と選手として再び同じチームで躍動することになるのでしょうか。
詳細は以下のリンクまで。

playfield.jp

サンフレッチェ広島のレジェンド、佐藤寿人がJ2降格の名古屋入り?風間八宏が監督就任も確定か

Jリーグ サッカー

f:id:playfield:20161120121552j:plain

歴代2位となるJリーグ通算161ゴールをあげている広島のレジェンド、佐藤寿人が2017年シーズンに名古屋グランパスに移籍するのではないかという報道記事です。

playfield.jp

佐藤寿人Jリーグでのキャリアを紹介するとともに、今シーズンの出場機会の減少について説明しています。

またクラブ史上初のJ2降格となってしまった名古屋グランパスの補強の一つの目玉として、風間八宏監督が就任するのではないかと見られています。
独特なサッカー観を持ち、川崎フロンターレポゼッションサッカーを持ちこみ飛躍させた立役者が名古屋をどのように立て直すかのは注目です。

J2に降格した名古屋グランパスの来季新監督に、川崎の風間八宏監督(55)が就任することが18日、決定的となった。関係者によると、推定年俸1億円の3年契約で合意したと見られる。年俸1億円は日本人ではG大阪の長谷川健太監督と並ぶ最高額で、J2では破格。仏リーグ3連覇の実績を持つポール・ルグエン元カメルーン代表監督(52)に正式オファーを出していたが、J2で指揮を執ることに難色を示され、方針転換した。

この日、愛知県豊田市トヨタスポーツセンターで行われた練習前に大森強化・補強担当が選手を集め、風間新監督の就任を近く発表する予定であることを説明した。

また、広島の元日本代表FW佐藤寿人(34)を完全移籍で獲得することも濃厚となった。佐藤は今季先発が8試合にとどまり、他クラブへの移籍を視野に入れており、関係者によると、17日夜にグランパス幹部と直接交渉し、加入に前向きな意向を示したという。

佐藤は歴代2位のJ1通算161得点を奪っており、昨季まで12年連続で2けた得点を記録。名古屋はFW永井がFC東京から、FW川又が新潟などからオファーを受け、いずれも流出の可能性がある。佐藤は手薄なFW陣の穴を埋める格好の補強となる。

寿人 来季J2名古屋完全移籍濃厚 監督は風間氏就任決定的/サッカー/デイリースポーツ online