読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PLAYFIELDブログ

スポーツの最新情報をお届けします

楽天のハーバード大学卒の超インテリ投手、フランク・ハーマンが入団。日本の東大プロ野球選手も紹介。

f:id:playfield:20161122215722j:plain

楽天に入団したフランク・ハーマンについて考察した記事です。
ハーバード大学についての情報やプロ野球に在籍していた東大卒の投手についても紹介しています。

playfield.jp

楽天が、新外国人として、今季フィリーズでプレーし傘下3AリハイバレーをFAになったフランク・ハーマン投手(32)の獲得に動いていることが21日、分かった。ハーマンは主にリリーフとしてメジャー通算109試合に登板した右腕。そして名門ハーバード大卒という経歴の持ち主で、異色の“秀才助っ人”が加わることになりそうだ。
 ハーマンは193センチの長身から最速97マイル(約157キロ)の速球を投げ下ろす右腕。2010年にインディアンスでメジャー初昇格すると、主にリリーフとしてメジャー通算109試合に登板。今季はフィリーズでメジャー14試合に登板し、3Aでは27試合で6勝1敗、防御率1・72と安定した数字を残した。
 今季の楽天は、試合終盤にリードを守りきれない試合が目立ち、ブルペンの強化は急務でもあった。実績も備えたリリーバーとしてハーマンに照準を定め、球団関係者は「最有力候補のひとり」と話した。契約は大筋で合意に達しているものとみられ、今月中にも正式発表される見通しだ。
 何と言っても注目すべきは、ハーマンのインパクト特大の経歴だろう。世界に誇る名門・ハーバード大を卒業した“超インテリ助っ人”で、専攻は経済学。大リーグ公式サイトによると同大出身の大リーガーは、ハーマンで16人目。異色の知性派右腕の入団は、話題を呼びそうだ。

 2年目を迎える梨田楽天の来季投手陣は、先発陣に西武からFA移籍した岸が新加入し、則本と“ダブルエース体制”を敷く。中継ぎ陣もハーマンを加え、4年ぶりのV奪回へ、着々と補強を進めている。